管理人も使ってるヘアマックスの効果とは?

フォリックスFR12を使ってみた!バランスが良く初心者にはおすすめ

ツル太郎

どうも、山田ツル太郎です。

僕が今、メインで使っているフォリックスシリーズですが、今回は、FR12をしばらく使ってみたので感想をまとめてみたいと思います。

FR12の特徴

FR12の主成分

FR12の主成分は以下の通り。内容量は60mlです。

  • ミノキシジル 12%
  • フィナステリド
  • アデノシン
  • トリペプチド-1銅
  • アゼライン酸
  • アルファトラジオール
  • Follicusan

ミノキシジル&フィナステリド配合

FR12は、ミノキシジル含有量は12%、かつ、フィナステリドを配合しています。

フォリックスシリーズのラインナップのなかでも中間に位置していて、成分のバランスが良いといえます。

プロピレングリコールフリー

フォリックスシリーズの特徴の1つであるプロピレングリコールフリー。FR12も同様です。

これにより、炎症や痒みなどの副作用のリスクが減りました。

アルファトラジオール配合

FR12にしか入っていないアルファトラジオールという成分。

フィナステリドと同じように、男性ホルモン(DHT)の生成を阻害する効果があります。

とは言え脇役的な存在だと思いますが、こういうサポート成分が入っている分、総合的なバランスは良いのかなと思います。

フォリックスFR12の販売サイトはこちら

FR12の使い方

形状はスプレータイプで、シャワーのように溶液が飛び出ます。1回5プッシュを目安に1日2回、気になる部分に塗布します。

薄い黄色がかった溶液です。FR15と見た目はほぼ同じですね。

なお、これはフォリックスシリーズ共通ですが、塗布後4時間は患部を洗い流してはダメです。浸透するまでじっくり待ちましょう。

FR12を使った感想

生え際・頭頂部ともに塗りやすい

同じ溶液タイプのFR15に比べると、若干サラッとしているように感じます。

塗った後のベタつき、バリバリする感じも、心なしか控えめなので、使いやすいです。

FR15・FR16のほうがミノキシジル濃度が高いので、育毛効果が期待できますが、使用感に難があるんですよねぇ。

特に朝。これから会社に出掛けるっていうのに、ベタベタの髪ではちょっと抵抗がありますからね。

そういう意味ではFR12は、まだ我慢できるレベルですw

価格のメリットは少ない

FR12とFR16は、全く同じ価格です。さらに、FR15よりは、フィナステリド配合の分だけ少し高いです。

これだったら、FR16のほうがコスパが高いような…。

メーカー側からすると、そこまで単純な話じゃないのかもしれませんが、FR12をもうちょっと安くしてもいいんじゃないかと思っちゃいます。

FR125,180円($45.17)
FR154,940円($43.07)
FR165,180円($45.17)

上記はオオサカ堂での販売価格(2018年10月現在)です。価格は変動する可能性があります。

まとめ

フォリックスシリーズの最高レベルであるFR16・FR15をいきなり試すっていうのもアリですが、そこまで状況が深刻ではない方は、FR12から試したほうが安全かもしれません。

実際にFR16は、べたつきなど使用感にやや難がありますし…。

FR12は、フォリックス初心者の方が最初に試す1本として向いていると思います。

フォリックスFR12の販売サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。