フォリックスFR16を使ってみた

ミノキシジル系の育毛剤で有名なフォリックスシリーズ。僕もFR15を使ってきたのですが、先日よりFR16に変更しました。1ヶ月程度使ってみたので感想をまとめてみたいと思います。

FR16の特徴

FR16の主成分は以下の通りです。内容量は60mlです。

  • ミノキシジル 16%
  • フィナステリド
  • アデノシン
  • トリペプチド-1銅
  • プロキャピル

ミノキシジル含有量MAX

FR16は、ミノキシジル含有量は16%でフォリックスシリーズで最強です。また、FR15にはないフィナステリドが含まれています。

フィナステリド配合

FR16に含まれるフィナステリドは、プロペシアというAGA治療薬の主成分としても有名ですね。フィナステリドは、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を阻害する効果があります。

このDHTは脱毛を促進させるので、フィナステリドによりDHTの生成を阻害⇒脱毛を軽減させる効果が期待できます。

プロピレングリコールフリー

FR16は、他のフォリックスシリーズ同様にプロピレングリコールが未配合なので、赤み・痒みが起こりにくくなっています。

FR16の使い方

形状はスプレータイプでピュピュッと溶液が飛び出ます。

溶液は白いクリーム状で特にニオイはありません。

FR16を使った感想

液だれしない

FR15は液だれが激しいのですが、FR16はクリーム状でねっとりしてるので液だれしません。

そのため、FR16は減るのが遅いような気がします。ミノキシジルの成分も考えると、FR16が一番経済的だと思います。

頭頂部に塗るのは難しい

FR16は生え際には塗れるのですが、頭頂部に塗るのはちょっと難しいです。髪の毛が邪魔になって地肌まで届いてない気がします。

僕みたいな坊主でもちょっと危ういので、挑発の方はより難しいと思います。

塗りすぎると白くなる

FR16を塗った後に白い粉みたいなのが出ることがあります。たぶん、塗りすぎているのかもしれませんが、先ほどの頭頂部問題があって、必要以上に塗ってしまいがちになるんだと思います。

また、塗った後も少し違和感がありますね。地肌がヌルヌルっていうか。

まとめ

個人的には生え際にはFR16、頭頂部にはFR15がベストかなぁと思ってます。金額もたいして変わらないし、成分的にはFR16が優秀なので、塗りやすい生え際には積極的に使っていこうと思います。

参考金額
フィリックスFR16 : 5,180円 ($47.35)
フィリックスFR15 : 4,940円 ($45.16)
個人輸入での育毛剤の購入は自己責任が基本です。心配な方はAGAクリニックで相談しましょう。

コメントを残す